こんにちは田島です!

今回のテーマはこれです↑↑↑

普段運動してない人が急に運動して翌々日に筋肉痛になったなんて体験したり、よく聞いたりすると思います。

そんな時みなさん

あー歳をとったからだなーー

なんて言ってませんか?

いやーー非常に残念ですが医学的に遅れてくる筋肉痛と年齢とは全く関係ないことが実証されてます!

えー( ´∀`)

そんなまさかーー( ´∀`)

おれ若い時にブイブイ言わせてたよーー

って方も必見!!

そもそも筋肉痛のメカニズムって細かく完全には解明されてないのですが具体的に三つの要素が関係してるとされてます

疲労物質の蓄積

筋肉に負担をかければかけるほど、運動直後に最も多く疲労物質が溜まって痛みがでます。運動後すぐ痛くなるのは主にこれが原因。(速時性筋肉痛)

体内の疲労物質は徐々に分解されるのでこれは3日後など遅れてくる筋肉痛とは全く無関係。

筋繊維の損傷

筋肉は大きく動かしたり、負荷をかけると筋肉の微小な断裂が多くなり痛みも大きくなります。これも速時性筋肉痛の原因なので遅れてくる筋肉痛とは無関係。

筋肉の回復過程での炎症

傷ついた筋肉繊維は一度分解して壊して新しい繊維をつくります。歪んだ道路とかって一回まわり壊してから新しい道路つくりますもんね。

イメージ的にはそんな感じです。

そしてその分解の時に痛みが生じます。

そう!まさにこのメカニズムが遅れて発生する筋肉痛の正体!と言われています!(遅発性筋肉痛)

つまりすぐでる筋肉痛は疲労物質と筋肉の微小損傷によるもの 速時性筋肉痛

遅れてくるのは回復過程で伴う炎症 遅発性筋肉痛

歳を取ると運動する機会が減って肉体的なパフォーマンスが落ちる

今までなら筋肉痛がでないくらいのレベルだった運動しても回復が必要なレベルの運動になってしまうため

疲労物質や損傷が起こるくらい運動してなくても体が回復はしたいってときに翌々日くらいに回復がはじまって筋肉痛がでる

普段から使ってない筋肉は毛細血管の発達が不十分!!

なので血液が集まるのが遅く、遅れて痛みがでます。

つまり普段から運動してる人のが毛細血管の発達がいいのですぐに筋肉痛がでてきて

運動してない人は遅れてくるみたいな感じです。

毛細血管がダメになると心臓、腎臓、全身の臓器に悪い影響がでてきます。

手足が冷え症な方!!

まさに毛細血管の影響モロにでますよーー

えーでもいま世の中こんなだから運動できないよー♪( ´θ`)ノ

って方!

安心してください( ´∀`)

あなたにはつかさ鍼灸整骨院があるじゃないですか!!

運動できずとも柔軟体操、ストレッチなどをやることで毛細血管の働きもよくなり、固まった筋肉達も動きだし大喜びです!

つまりこんな長々書いてなにが言いたいかって…….

いいからつかさにきて地獄のエンジェルストレッチをうけてくれ!!

それだけです( ͡° ͜ʖ ͡°)

何はともあれ軽く運動して翌々日に筋肉痛を感じたら日々軽い運動か当院にご来院することをお勧めします!!