初めまして大川と申します!初投稿させて頂きます。宜しくお願いします。

突然ですが、皆さんストレッチはしていますか?

ストレッチの本当の効果と、また逆効果をお伝え出来ればと思います。

えっ!逆効果ってあるの!?って感じですよね!

日頃ストレッチをしている人、していない人にも為になればと思います。特にスポーツ、運動をやってる方に必見です。

まず、皆さんもある程度はご存知かもしれませんが、ストレッチの効果を改めてお伝えします。

疲労回復→血液循環を良くし、疲労・炎症物質を流す。

ストレス解消→副交感神経を高め、自律神経が安定される。

柔軟性向上→関節可動域が広がり、ケガの予防になる。

ダイエット→血流が良くなり、基礎代謝が上がる。

など様々な効果があります。

続いてはどうするも逆効果になるかをお伝えします!!

結論から言うと運動前にストレッチをやり過ぎるとかえって筋力パフォーマンスは低下します。

運動前の痛いストレッチは筋繊維に細かい傷がつくのでもちろんダメです。

長いストレッチも良くないです!

ある研究チームによると、アスリート30人を10人づつのA.B.Cのグループに分けました。筋力テスト前に、1つの筋肉を各グループごと、秒数を分けてストレッチしてもらいました。Aグループは45秒のストレッチ、Bグループは30秒、Cグループは15秒やってもらいました。

結果

Aグループは最大筋力が11%減少、Bグループも8%減少、しかしCグループだけ最大筋力が7%上昇しました。

つまり運動前に長くストレッチをやると、筋肉が弛緩し、分かりやすく言うとダランダランになって筋力パフォーマンスが低下してしまうのです!

運動前、運動後の正しい方法をお伝えします。

運動前は各部位15秒小刻みに揺らしてストレッチして下さい。筋肉にこれから強く動かすことを伝えるイメージで!

運動後は各部位30秒ジンワリと気持ちの良いストレッチをして下さい。45秒より30秒の方が筋力低下を防げます。

まとめ

ストレッチをする場合、スポーツをしていない人は基本的にどんなタイミングでも問題なし。マメな方は朝は15秒小刻み、夜は30秒ジンワリがオススメです。

自律神経の安定を改善したい方は、特にお風呂上がりがオススメです。

スポーツ選手は運動前は15秒小刻み、運動後は30秒ジンワリを徹底して欲しいです。ケガの予防、パフォーマンス向上に期待できます。

ここの筋肉はどうやって伸ばせばいいのー?そもそもこのやり方合ってます?など疑問がありましたら、具体的に直接お伝えさせて頂ければと思っています(^ ^)

長くなってしまいすみませんでした。文章力がなく分かりにくいと思いますが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

もっと為になる情報をお伝え出来ればと思ってます。

あと次からはもっとフランクになると思います!笑